ビックリマンシールの理想的なアルバム用リフィルに出会えました #七ブ侍

      2020/06/13


ご無沙汰しています。七ブ侍に、3ヶ月に一回記事更新する「季イチ侍」としての参加です。
更新頻度としては随分ゆるいけど完全には途切れないという、これぐらいのペースが自分にあってるのかもしれません。

さて、今回は週イチ侍だった頃にもたくさん記事を書いたビックリマン関連のアイテムをご紹介します。

自分もそうだったのでビックリマンシールの保管に悩んでいる方の参考になればうれしいです。

小学生時代のビックリマンシールアルバム

小学生の時から集めていたビックリマンシールのアルバムを実家から引き取ってきました。

このアルバムはコンビニで売っていたものを購入したものだと思います。

リング部分がプラスティック製なので、年季が入ると壊れてしまいます。
実家にあった時にすでにパキっと割れていました。

なかなか貴重なシールが入ってます。

経年劣化なのか、アルバムのリフィルのシワに引っ張られるようにシワが移ってしまったシールもあります。
とても残念です。アルバムに入れていたからといって安心はできませんね。

納得のいくビックリマンシールアルバムが見つからない

少し前までよく見かけていたシールが9枚入るタイプのリフィルを10枚ほど購入して使っていましたが、バインダーは購入せずリフィルを裸のまま保管していました。

このリフィル用のバインダーは販売されていましたがリング部分がプラスティックで、耐久性に不安がありました。
また、特殊なサイズだったため他のバインダーを使うという選択肢がかなり制限されてしまうことが嫌で追加購入を諦めました。

理想的なリフィルの条件

・B5サイズで26穴のバインダーが使えること
・品質がしっかりしていること
この2点をリフィル探しの条件にしました。

ようやく出会えた理想的なリフィル

簡単に見つかると思っていましたが、意外にもB5の26穴というのがなくて苦戦していましたが、やっと出会うことができました。

これです。

触った感じでしっかりとした品質であることがわかります。

早速、古くて貴重なシールからリフィルに入れていきました。

バインダーはもともと家にあった無印良品のB5サイズのバインダーでもちろん、リング部分はしっかりとした金属製です。

スリーブというのにも手を出してみた

それから、シール1枚1枚をきちんと守ってくれるスリーブなるものを購入してみました。

スリーブにシールを入れると、1枚ずつ手にとって安全に鑑賞することができます。

スリーブに入れたシールをリフィルに入れることができます。
よく出来たサイズ設計ですね。

これまで、リフィルの出し入れのたびにシールが痛むことを恐れて、1度リフィルに入れてしまうと取り出すことはタブーとしてきましたが、これからはスリーブのおかげで安心です。

売っているのはこのお店

お待たせしました、今回お世話になったお店をご紹介します。

やりくりターボさん

収納品|ビックリマン買取やりくりターボ!

シールを大切に保管したい、いいものが作りたいという思いが、なかなかの熱量で伝わってきます。
やりくりターボさんの通販ではゆうパックの送料が発生します。(私の住む関東へは600円)
Amazonの送料無料に慣れてしまっている自分には、正直少し抵抗がありました。
でも、最後にはこの商品になら惜しくないと思えるようになります。

これからもお世話になりそうです。

今回私が購入したもののおさらいです。

リフィル

B6サイズでシールが12枚入るリフィルが10枚で900円(税別)です。

スリーブ

51mm×51mmサイズのスリーブが50枚で400円(税別)です。

他にもシールが20枚入る大きなサイズのリフィルやオリジナルのバインダーなども販売されていますので、興味のある方はぜひホームページをご覧ください。

さいごに

まだ全部のシールをアルバムに入れられてないので、少しずつリフィルやスリーブを買い足していきます。

安くはないですし、シールの量を考えるとそこそこのお金を投資することになりますが、たかがシール、されどシールです。
自分の大切な思い出の詰まったものですから、保管するなら安心できる商品に任せたいですね。

明日、月曜日のブログ侍はイロトリドリの、こっこ(@cocco00)さんです。
イロトリドリの文房具関係の記事が好きです。私も文房具記事は書きますが、レベルが違い過ぎます。

 - ビックリマンチョコ, 七人のブログ侍

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください