[16]イロイロハックス

万年筆買いました。プラチナ万年筆 #3776センチュリー ローレルグリーン 中字

   

万年筆買いました。

家にいる時間が増えると、手に触れるものはいいものを見つけて使っていきたいなぁとこだわり欲が増してきませんか?

そうなるとやっぱり文房具だろうということで、万年筆を探すことにしました。(あれこれ探しているときが結構楽しい)

と言いつつ、そんなに贅沢もできないので、1万円前後で愛着を持って長く使い続けられそうな万年筆を探したところ、プラチナ万年筆のセンチュリーにたどり着きました。

2年間使わなくてもインクが乾かない機構を備えているところが気になり、センチュリーに決めました。

まだどれぐらいの頻度で使うかわからないし、ちょっと放置したらインクが固まって目詰まり起こして、洗浄が必要になってくると面倒だし。
そんな心配をしなくて良さそうなうれしい機能です。

回転ネジ式キャップで初めて耐久性を考慮した完全気密キャップ「スリップシール機構」を実用化する事により、プレピー万年筆 やプレジール万年筆のスナップ式に続き、実用化困難とされていた回転ネジ式キャップの高級万年筆でも完全気密を可能にしました。
プラチナ万年筆ホームページより

購入したのはローレルグリーンの中字です。

センチュリー ローレルグリーン 中字

まずは外観

見る角度によってうっすらとグリーンが透けて中が見えます。
ローレルグリーン

ローレルグリーン

ペン先

「#3776」と「14k」「M」の刻印が。
ゴールドカラーが高級感を出していていい感じです。
ローレルグリーン ペン先

インクコンバーターを装着

インクカートリッジが1つ付属してましたが、予め購入にしていたインクコンバーターを装着して使います。
ブルーブラックのインクを入れてます。
プラチナのインクコンバーター装着

測量野帳との組み合わせ

グリーン系カラーの共通点のある測量野帳との組み合わせがいい感じです。
測量野帳とローレルグリーン

測量手帳にさっそくローレルグリーンで書いてみました。

中字だけどそこまで太くなく、スラスラと書きやすい。インクとの相性もあるかもしれませんが、馴染んでくれればもっと書き味良くなってくるかな。
測量野帳に書いた

裏写りはこんな感じです。問題なさそう。
測量野帳の裏写り

測量野帳の裏写り

最後に測量野帳とのサイズ比較がちゃんとわかるように真っ直ぐにして撮影しときました。
測量野帳とローレルグリーン

 - 手帳, 筆記具

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください