[16]イロイロハックス

海老名の虎節はコブシと読む?二郎インスパイア系。極太麺の歯ごたえがくせになる。 #七ブ侍 #日曜日

      2014/07/27

Pocket

slooProImg_20140721093510.jpg
七人のブログ侍でラーメンと日曜日を担当している、ゲンメイ(@1616hacks)です。

小田急線 海老名駅から歩いてすぐのヴィナウォークにも二郎インスパイア系のラーメン屋さんがありました。

ラーメン屋さんが数店舗並んでいるんですが、私の目を引いたのはガッツリ系「虎次郎らーめん」を出す虎節(こぶし)です。


このお店も最初に食券を買います。

券売機にはサイズごとに麺の量が書かれていて親切です。並盛200g(730円)、大盛で300g(830円)、劇盛は400g(930円)でした。

大盛と劇盛で迷いましたが、この後1時間半ほどかけて、歩いて帰宅することにしていたので、念のため軽めの大盛りにしました。

極太麺、野菜多め、背脂、ニンニク普通

食券を渡す時に店員さんから麺の太さと野菜、背脂、ニンニクの量を聞かれます。ボリューム感を求めて極太麺、野菜は多めにしました。その他は普通で。

野菜多めの威力!なかなかの高さです。

裏側には刻みニンニクが。

スープは二郎インスパイア系な感じですが、その中でも和風であっさりしたニュアンスも感じられる、 虎節の節は鰹節からきているのかなと思いました。
(味オンチなんで、多分間違ってます…。)

極太麺はモチモチの歯ごたえ!

問題なく完食しました。
次は劇盛いけるかな。

お店情報

関連ランキング:ラーメン | 海老名駅

slooProImg_20140721093510.jpg

明日、月曜日のブログ侍はあずきさん(@azucky824)です。
あずきさんの食べ物記事はこの季節とても参考になるアイス系がおすすめです。

 - ラーメン二郎